年齢が若くても紫外線対策は大切です

年齢が若いからといって油断してはいけません。年齢が若くても紫外線対策は大切です。日焼けにわるダメージは肌に蓄積されていきます。また、紫外線は年間を通して降り注いでいます。一年を通してしっかりと対策をすることが大切です。季節に関係なく日焼け止めを使ったり、日傘を使って肌を守るなどの対策が必要です。屋内にいるときにも窓から紫外線が入ってきますので、肌を守るようにしましょう。日焼け止めは数値が高くなると肌への刺激も強くなりますので、状況に応じた使い分けも大切です。また、午前10時から午後3時までの間は紫外線の強い時間帯になります。その時間帯の外出を避けることも対策として有効です。

 

年齢に関係なく紫外線から肌を守る重要性

年齢に関係なく紫外線から肌を守ることは重要です。日焼けは軽いヤケドですから、肌によいものではありません。紫外線によるダメージは蓄積されてくため、しっかりと紫外線対策をしていた方とそうでない方では、年齢を重ねるにつれて差がついてきます。後悔しないためには、しっかりと紫外線から肌を守ることが必要です。日頃から日焼け止めを塗るなどして、紫外線対策をしておきましょう。保湿も紫外線によるダメージを防ぐためには大切です。スキンケアで肌に潤いを与えることも効果的です。うっかり日焼けしてしまった後にはしっかりと鎮静させて、肌に潤いを与えるようにしましょう。