体の内側から日焼け対策をしよう

紫外線よるダメージは肌に留まらず、活性酸素の増加という側面もあります。活性酸素を放置しておくとシミやシワ、ニキビの原因になります。せっかく日焼け対策をするのであれば、日焼け止めを使うだけでなく、体の内側からケアしてあげるとよいです。活性酸素対策のためには、抗酸化物質を沢山摂ることが大切です。

ビタミンCやビタミンB、βカロテン、ポリフェノールなど、様々な抗酸化物質がありますので、上手に摂るようにしましょう。食事から摂るのが理想ですが、緊急時や忙しくて食事から摂るのが難しい場合にはサプリメントを利用する方法もあります。紫外線は一年を通して降り注いでいますので、活性酸素対策も、一年を通して継続して行うことが大切です。

 

日焼けによるシミの改善方法

日焼けをすると、若いころはすぐに白い肌に戻りますが、大人になるとなかなか白い肌に戻らなくなったりシミがでてきてしまうことがあります。コンタクトレンズなどで目の紫外線予防も大切です。おしゃれに目の紫外線予防をしたいならカラコンがおすすめ!カラコン口コミランキング.jpで人気のカラコンを探してみてはいかがでしょう。
日焼けでシミになる理由は、年を重ねると新陳代謝が悪くなって肌の生まれ変わりのサイクルが遅くなるためで、白い肌に戻るまで時間がかかったり、シミができたり、日に焼けたままの肌の色になってしまうことがあります。
日焼けによる肌トラブルの改善方法としては、新陳代謝を促すことです。新陳代謝を促すには、運動をする、食生活の改善、入浴をする、質の良い睡眠などを心がけることが大切です。
また、日焼け対策をしたり美白化粧品などを使用することで、美肌効果が高まります。