シミ・しわ対策として有効なこととは

PAK86_higasahurikaerutwint20130512500日焼けをしないようにすることが、シミ対策として最も有効です。強い日差しを浴びると防御反応が働き、体はメラニン生成の指令を送ります。正常な防御反応ですので、この働き自体に問題はありません。ただし、過剰に生成されたメラニンはいつまでも肌に残り、長く排出されないと皮膚に沈着してシミになります。
日焼けがメラニン生成の最も大きな要因であり、曇りの日でも紫外線対策は必要です。生成されたメラニンは新陳代謝の働きによって排出することができますので、肌の代謝機能を向上させるようなケアが、シミ・しわ対策として有効な手段です。

日焼けが原因で起こるシミ

シミ・しわやくすみは、色白を美しさの基準とする日本人にとって、困った肌トラブルです。
そしてこの原因を作ってしまうのが日焼けなのです。
太陽光に含まれる紫外線のうちB波は肌にメラニンを排出させます。
このメラニンが残ってしまったものがシミとなってしまうのです。
美肌のためにはまず紫外線に当たらないように、日焼け対策をとる必要があります。
SPFの値が高いサンスクリーンを塗ったり、日傘を使って紫外線を浴びない工夫をしましょう。
紫外線は季節を問わず一年中降り注いでいますので、夏だけでなく、冬でも対策が必要なのです。