年齢を重ねるほど避けたい日焼け

日焼けはシミ・しわやくすみの元となる肌トラブルですが、そのリスクは年齢を重ねるほど高くなってしまうのです。
子供の頃や若い頃には日焼けをしても、代謝が活発なので排出されたメラニンは角質とともに、剥がれ落ちていきます。
これをターンオーバーといますが、年齢を重ねた肌はこのターンオーバーが乱れてしまい、代謝が滞ってしまうのです。
そのため排出されたメラニンが落ちにくくなってしまい、シミが残ってしまうのです。
そこで30代を過ぎたらまず紫外線に当たらない努力をしなくてはいけません。
サンスクリーンや、日傘、グローブなどで肌を日焼けから守りましょう。

 

日焼け止めで肌をしっかり守ろう

紫外線は一年を通して降り注いでいますので、美白が気になるのなら日焼け止めで肌をしっかり守ることを考えるとよいです。室内にいても窓から紫外線は入ってきますので、日焼け止めは必要です。数値の高いものは肌への刺激も強いですから、場面に応じて使い分けをして賢い美白を行いましょう。パウダーには紫外線カットの効果があります。ミネラルファンデーションなどを利用することで肌に負担をかけずに肌を守ることができます。室内にいるときに必要な紫外線カットの効果と、屋外で必要な紫外線カットの効果には違いがあります。外出時やレジャーなどでは適切な数値のものを選んで利用するようにしましょう。また、汗で流れたり、手で触って取れてしまうことも考えられますので、塗りなおしも適度に行うようにしましょう。塗ったものは必要がなくなったらキチンと落とすことも美白のためには大切です。