日焼けによるダメージで後悔しないために

年齢を重ねていくことで紫外線のダメージは蓄積していきます。日焼けによるダメージで後悔しないためには、若いうちから対策をしておくことが必要です。シミが出てきたからといって、慌てて対策をしても遅いです。若いうちから、一年を通して日焼け止めなどを使ってしっかりと対策をしておきましょう。毎日のことですから、塗り忘れなどがあるとダメージが蓄積します。頬骨やこめかみなどシミの出来やすい部分をしっかりとカバーするのはもちろん、耳や首など塗り忘れがおきないように日頃から正しく塗ることを心掛けましょう。いったん出来てしまったシミを後から解消するのは大変です。年齢を重ねてから後悔しないように、日焼け対策を習慣化するようにしましょう。

 

日焼けは美白の大敵です

美白を目指してさまざまなホワイトニングコスメを使っている方の中で、あまり効果を実感できない場合には、紫外線対策が不十分なことがあります。
シミ対策では出来てしまったシミを防ぐと同時に、紫外線をシャットアウトして日焼けしない工夫も必要なのです。
日焼けをしてしまうとメラニンというシミのもとが排出されます。
これが、加齢やストレスなど様々な理由で肌に残ってしまうとシミとなるのです。
紫外線は晴天の時だけでなく、雨の日も降り注ぎますし、室内にいてもガラス越しに浴びてしまうことになります。
紫外線防止剤などを使って日焼けを防ぐことが美白への近道です。

シミ対策として有効なこととは

PAK86_higasahurikaerutwint20130512500日焼けをしないようにすることが、シミ対策として最も有効です。強い日差しを浴びると防御反応が働き、体はメラニン生成の指令を送ります。正常な防御反応ですので、この働き自体に問題はありません。ただし、過剰に生成されたメラニンはいつまでも肌に残り、長く排出されないと皮膚に沈着してシミになります。
日焼けがメラニン生成の最も大きな要因であり、曇りの日でも紫外線対策は必要です。生成されたメラニンは新陳代謝の働きによって排出することができますので、肌の代謝機能を向上させるようなケアが、シミ対策として有効な手段です。

日焼けが原因で起こるシミ

シミやくすみは、色白を美しさの基準とする日本人にとって、困った肌トラブルです。
そしてこの原因を作ってしまうのが日焼けなのです。
太陽光に含まれる紫外線のうちB波は肌にメラニンを排出させます。
このメラニンが残ってしまったものがシミとなってしまうのです。
美肌のためにはまず紫外線に当たらないように、日焼け対策をとる必要があります。
SPFの値が高いサンスクリーンを塗ったり、日傘を使って紫外線を浴びない工夫をしましょう。
紫外線は季節を問わず一年中降り注いでいますので、夏だけでなく、冬でも対策が必要なのです。

紫外線から目も守ろう

MIYAKO85_musyokuhanmokku20140725500紫外線は目にも悪影響を与えますし、目から入ったものが影響して日焼けしてしまうということも分かっています。肌を日焼け止めで守ることも大切ですが、目についてもしっかりと守るようにすると良いです。サングラスなども利用して、しっかりと目を守るようにしましょう。

また、蛍光灯やパソコンの光にも微量ですが紫外線が含まれています。微量のため、さほど影響を気にする必要はありませんが、パソコン用のメガネなどもありますので、気になる方は利用されるとよいです。目を紫外線から守ることで白内障などの目の病気からも守ることができますし、美肌にも効果を期待することができます。

目が悪い人には度ありのカラコンがあります

カラコンには興味があるけど、目が悪いから出来ないと諦めている人がいますが、実は度ありのカラコンが販売されています。目の悪い人でも、自分が普段使っているコンタクトと同じ度数の物を使用すれば大丈夫です。左右で度数が違う人もいますが、片方ずつ違う度数を頼めるお店も沢山あります。

また、乱視矯正をしている人は、乱視用のカラコンも販売されています。使用については、慣れるまでは毎日使用せずに、休日から使用するなど順番に慣らす必要があります。またコンタクトの使用時間をしっかりと守って目のトラブルにならない様に気をつけましょう。